発達障害との種類や症状から適職や子育て方法や勉強方法などをまとめました

発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

header_top_adsense

よろずニュースなど 発達障害

「自分のやりたい仕事」と「障害」の相性が悪いと悲劇が起こる

更新日:

仕事が合わず自ら命を絶ってしまった例

看護師を志して就職するも、吃音でどもってしまう、「大声を出されると萎縮してしまう」「話そうとしているときにせかされると、言葉が出なくなる」
ということで周囲をコミュニケーションが上手くいかず、自ら命を絶ってしまったというニュースがありました。

参考:伝えられぬ苦しみ「吃音」 就職4カ月、命絶った34歳(http://www.asahi.com/articles/ASG1K6TXMG1KUTIL168.html)

この方のやりたかった仕事は「看護師」ですが、コミュニケーション面で吃音というハンディがあった。周囲に理解を求めるも上手くいきませんでした。
そもそもお客さん(患者さん)には、そういった理解を求めることも難しかったでしょう。

「この仕事は無理だ。」ときっぱり諦め、別の道に進む事を考えていれば・・・と思わずにはいられません。
自分の抱える障害と相性の悪い仕事を「やりたい」と思い、それを続ける事が相当なストレスになっていたのでしょう。

スポンサーリンク

社会に出てからは周囲に理解を求めることは難しい

子供の頃には周囲にいる人は、親など非常に近しい人です。しかし社会に出れば違います。そのような状況下では周囲が理解してサポートしてくれるという環境も稀です。

「やりたい仕事」を見つめなおし、転職も考えた方が良い

・アスペルガー症候群(高機能自閉症)などでコミュニケーションに難がある⇒接客関連や周囲と調整が必要な仕事を避ける。ルーティンワークや一人でもある程度できる仕事を選ぶ。
・不注意型のADHDで物忘れが激しい⇒慎重さを求められる固い仕事は避ける。柔軟な対応をしても良い仕事をする。

自分に合った仕事を選ぶことでストレスは格段に減ります

私自身は慎重さを求められる仕事は苦手だしコミュニケーションも得意ではない。瞬間的な判断も苦手。そんな状況だったので転職しました。
転職は簡単ではありませんが、一人で悩んでいても仕方ありません。
転職は30歳になるまでが一つの節目です。
20代で仕事で悩んでいる人は早めに行動してみましょう。

オススメ記事

-よろずニュースなど, 発達障害
-, , , , ,

Copyright© 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.