発達障害との種類や症状から適職や子育て方法や勉強方法などをまとめました

発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

header_top_adsense

よろずニュースなど 発達障害 自閉症

妊娠中に母親が肥満だと自閉症リスクが67%も高まり発育障害も2倍に@アメリカ

更新日:

母親の肥満が子どもに影響
肥満が重大な社会問題となっている米国で、肥満状態の母親から生まれた子どもは、自閉症になるリスクが67%も高まる、という研究結果が発表された。言語障害のような発育遅延も2倍以上に高まるという。

中略

2003年から2010年にかけて、1,000人以上の子どもを対象に、母親の肥満状態と自閉症やその他の発育遅延との関係を調査した。
その結果、身長に対する体重の比率を示すBMIが30を超える母親から生まれた子どもでは、自閉症や発育障害などのリスクが高まる傾向が確認された。

原因は肥満による炎症タンパク質?
今回の研究では、統計的に肥満と自閉症や発達遅延との関係が指摘されているが、原因はよくわかっていない。
研究者は肥満により発生する炎症タンパク質、サイトカイニンが胎児の脳にダメージを与える可能性を指摘している。
日本では現在、肥満治療に保険が適用されるのは、一般にBMIが35を超えており、肥満により高血圧や高脂血症、膝、腰痛、無呼吸などの疾患が生じている場合に限られる。
今後は妊婦についても、薬物を用いないダイエット法を保険適用とすべきかもしれない。

from:妊婦の肥満は子どもの自閉症リスクを高める?
http://www.ala30.net/news_c3qFjoNyWM.html

自閉症のリストが67%高まる!
これはビックリですが、最後には原因はよくわかっていないと。
しかし因果関係はあるようなので妊娠中の方は気にしてみましょう。

ちなみにBMIというのは簡単に計算できます。

BMI= 体重kg ÷ (身長m)2

これで計算できます。

面倒な人はここが参考になりそうでした。
http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi

-よろずニュースなど, 発達障害, 自閉症
-, , ,

Copyright© 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.