発達障害との種類や症状から適職や子育て方法や勉強方法などをまとめました

発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

header_top_adsense

就職・適職を見る 注意欠陥/多動性障害(AD/HD) 転職

仕事で失敗やミスばかりなADHDさんの「あるある」とすべきことは?

更新日:

仕事で失敗やミスばかり・・・そんな人は発達障害の可能性があります。種類としては注意欠陥/多動性障害(ADHD) です。

  • どこかミスしないように気をつけると別のどこかがミスする
  • 注意するべきリストをまとめてもミスをする
  • 同じミスを何度もする
  • 上司や同僚からもミスを指摘されたり怒られる
  • メモを取ろうとすると聞くことを忘れる
  • 「臨機応変にして」と言われて工夫すると「余計なことをしないで」と怒られる
  • プレッシャーやストレスで考えることができなくなり、臨機応変な対応ができなくなってまた怒られる

仕事でミスばかりと言われる人は、こういったミスをしているのではないでしょうか。

ADHDとは何か

ADHDとは「注意欠陥多動性障害」の略称です。大きくわけて、不注意型、衝動型、多動型の3タイプがあります。

ADHDの人数は「男の子の方が3倍から5倍ほど女子より多い」と言われていますが、女子は不注意型が多いというだけで見つかりづらいだけとも。不注意型は子どもの頃にはあまり見つからず、ただ不注意なだけなので、学力的なレベルも悪くはありません。ADHDの人たちは、むしろ興味があることに対しては素晴らしい集中力を発揮することもあります。
不注意型の症状が顕著に出てくるのは、ミスが許されないような事務職などの仕事に就職したときです。そのため、子どもの頃はボチボチ成績もよかったけれども、仕事をし始めてから怒られ「発達障害」や「ADHD」という言葉を知って調べてみると「あ、当てはまる…」となるケースが増えています。

ADHDの人は、何度も同じミスをしてしまうため、周囲からは「やる気がない」「さぼってる」と思われやすいです。自己肯定感が低くなり、うつなどの二次障害が発生する可能性が出てきてしまいます 。

注意欠陥/多動性障害(AD/HD) の特徴と症状より

仕事で失敗やミスばかり連発する人たちの辛い体験談

管理人もADHDぽくミスを連発していますが、他の方からいただいた仕事の体験談にはもっと大変そうな事例が盛りだくさんでした。いくつか抜粋してみましょう。

仕事での小さなミスを頻繁に起こしていました指示されていたことを忘れてしまうことも多く、2度目に言われ思い出し慌てて作業するなど多々ありました。他にも、間に急に別な作業が入ると戻ってからの作業がわからなくなって1からやり直してしまったりすることも多かったように思います。

1度怒られてしまうと不安になり、その不安な気持ちに思考が向き作業が疎かになってしまうことも多々ありました。

些細なミスの連続で信用失墜、ADHDの20代女性が「今はとても楽しい」と言えるようになった理由より

出来ていた仕事もケアレスミスが多いので何度もチェック体制を自ら取らないと計算ミスなどは簡単に起こしてしまいます。ミスをすることが多いことで、自尊心が低いです。自己評価が非常に低いので、出来ないことばかりに意識が向いて、責任ある作業をすることに不安を感じることが多いです。周りから評価されたとしても、それを信じれないので、能力があってもキャリアアップできない現状があります。

「周囲から高評価されても信じられない」二次障害が酷い40代男性のADHDさんの事例より

などなど。その他の事例は、発達障害の人の仕事事例集に掲載しています。

他にもこんなにある!ADHDあるあるな仕事のミスや失敗

ミスがミスを呼ぶ無限ループ地獄で怒られる

  • どこかミスしないように気をつけると別のどこかがミスする
  • 注意するべきリストをまとめてもミスをする
  • 同じミスを何度もする
  • 上司や同僚からもミスを指摘されたり怒られる
  • 怒られるので自分で判断するのが怖くなる
  • 毎回確認すると「いい加減覚えて」「ちゃんと考えて」と怒られる
  • 「臨機応変にして」と言われて工夫すると「余計なことをしないで」と怒られる
  • プレッシャーやストレスで考えることができなくなり、臨機応変な対応ができなくなってまた怒られる
  • 八方ふさがりになり、仕事に来るのが嫌になる

「メモする」が対策にならず、メモ内容を忘れたり、メモしたこと自体を忘れたり、メモの意味がわからなかったり

  • 「ちゃんとメモして」と言われてメモを取ろうとすると、聞くことに集中できず全部メモる
  • メモしすぎて何が重要なことなのかを把握できない
  • 電話に出たときにも相手の名前を聞くことに集中すると、メモすること自体を忘れる
  • メモしようとすると相手の名前を聞くことを忘れる
  • 注意事項を書き留めたメモを作成すると、メモだらけになりいつ何を注意すべきなのかわからなくなる

怒られると「怒られたこと」は夢に出るくらい覚えているけど「なぜ怒られたか」を忘れてしまう

  • 何かの理由で怒られていたが、何が原因だったのか忘れてしまう
  • とりあえず謝っていると「なんで怒られてるかわかってる?」と痛いところを突かれて困り、また怒られる
  • 結局メモを取ることにするが、メモだらけ地獄になってしまう

マルチタスクが苦手で複数の依頼が来るとパニックになるか忘れる

  • Aをしておいてと依頼されるだけならこなせる
  • Aが終わる前にBやCという依頼が来ると、何から手を付けていいか優先順位が付けられない
  • とりあえず覚えているものからやると「優先順位を考えて」と怒られる
  • 優先順位を考えている間に、依頼内容を忘れる
  • AとBをなんとかこなしたころには、Cのことはすっかり忘れている
  • Cのことをメモしておいたはずのメモはどこかに行っている

人の話を聞いている風だけど、実はほとんど覚えてない

  • ちゃんと話を聞いているつもりだけど、途中で別のことを考えてしまう
  • 結局なんの話だったか分からず「あ、はい」と適当に返事をしてしまう
  • 適当に返事をした案件が実は重要で困ることがある
  • しっかり話を聞けたときでも「やりたくないな」と思うと後回しにする
  • 後回しにしたことを忘れてしまい「あれ、どうなった?」と言われて「(あれってなんだっけ)」と焦る

覚えるのが苦手なので忘れ物も多い

  • 記憶するのが苦手なので忘れ物が多い
  • 忘れものをしないように!と決意しても「あれ?何か決意したけどなんだっけ」となる
  • 思い出して「よし、ちゃんと準備できた」と思ったのに翌日別の忘れ物に気付く

時間の逆算ができず、しょっちゅう遅刻してしまう

  • 10時に集合ね、と言われても何時に出たら良いか逆算できず困る
  • 遅刻するかギリギリになってしまい、周囲の視線が痛い
  • 遅刻はしなくても、物事の締め切りが守れない

計算ミス、誤字脱字などケアレスミスが多く、何度指摘されても治らない

  • ごく簡単なものでも計算ミスをしてしまい、気付かない
  • 別の人に注意され、毎度謝っている
  • 「ミスがないように木を付ます」などと謝罪のメールでも誤字・脱字をしてしまい呆れられる

ADHDタイプ別の適職33選!向いている仕事・職業+失敗あるある事例集より

あなたはこのあるあるに当てはまりませんか?

ミスばっかりな職業・仕事は「向いていない」と現実を受け止め、転職も考えよう

「ああ、私のことだ・・・」
「せっかく就職したのにミスばかりで仕事が辛い。。。」

そんな状況ならいっそ転職したほうが良いです。向いていないのです。子供のころを振り返ってみてください。忘れ物をしたり、細かいミスなどがありませんでしたか?大人になって軽減しているかもしれませんが、それでもまだまだ厳しいのではないでしょうか。であれば、あなたが得意とすること、長所を活かせる仕事に就いた方が良いです。「事務職にあこがれて・・・」という人もいますが、現実を受け入れましょう。同じ仕事内容・職種を続けていて幸せになった人を私は知りません。

仕事でミスばかりする人は、向いていないと割り切るべきです。
精一杯やっても、チェックリストを作っても、頑張っても頑張ってもミスをするなら、バッサリ諦めて他の道を考えるのが今後のためにも良いです。ストレスを抱えてうつ病にでもなったら、そこからの復帰が難しくなります。

私も元々やる気なし男、強みを見付けて転職した今は超楽しい

私も最初に就職した職種は今とは全く違うものでした。全然うまくいかないのでやる気をなくし、サボリーマンとなっていました。が、自分の強みを活かした職に転職しました。自分の強みを見付けて、その道に進んだからです。今は仕事が楽しいです。

自分の強みを見付ける方法

あなたも、ミスばかりの仕事より、自分の強みを活かせる仕事に転職することを考えたらどうでしょうか。

発達障害の人は過去の経験からネガティブな思考に陥りがちです。アンケートを取ってみても、「自分には強みなんかない」と考える人が滅茶苦茶多いのです。でも、じーっくり話を聞いたりすると「それ、君の強みだよ、それ活かそうよ」というものが見つかるのです。なのに本人は気付いてない。もったいなすぎるのです!!

もしも、あなたも自分の強みがよくわからない誰かに聞いてみましょう。友人、兄弟、親などでも良いです。他人というのは結構冷静に見ているものです。ネガティブな意見しか言わないような人には聞いても無意味です。無視しましょう。

他人に聞くのが難しいなら、「ストレングスファインダー」と呼ばれる強みを診断するサービスを受けてみましょう。(最安値だと2000円くらいからあります)無料でできるものとして、私がオススメするのはリクナビNEXTで提供している「グッドポイント診断」です。私はこれを利用しています。

  • 自己分析が苦手で強みがわからない
  • 自己肯定感が低くて「長所なんかない」と思っている
  • 短い時間で手っ取り早く長所を知りたい

こんな人にはオススメします。

ちなみに私は物事を後回しにする癖がありますが、あなたはどうでしょうか。もしもあなたが「自分も後回しにする癖がある!」と思うならさっさとやってみた方が良いです。なぜかって?「他の記事もちょっと見てから」と思っているうちに忘れてしまうからです!!すぐに別のことに興味が移って忘れてしまうのはADHDの弱点ではありますが、興味が向いたときには一気にやりきる!これがADHDの強みでもあるのですから、ぜひ試してみてください。

>>30分で5つの強みがわかるリクナビNEXTの無料診断

-就職・適職を見る, 注意欠陥/多動性障害(AD/HD), 転職
-, , , , ,

Copyright© 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.