発達障害との種類や症状から適職や子育て方法や勉強方法などをまとめました

発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

header_top_adsense

子どもの発達障害 注意欠陥/多動性障害(AD/HD)

注意欠陥/多動性障害(AD/HD) の治療薬「コンサータ」の効用と副作用

更新日:

注意欠陥/多動性障害(AD/HD) の治療薬として知られるものに「コンサータ」があります。
その処方対象や効用、副作用などをまとめました。

スポンサーリンク

「コンサータ」の処方対象

処方される対象は、ADHDの子どものみです。
大人には処方されません。
なぜかというと、薬物中毒者がこの成分を悪用しようとする可能性があるためだそう。

コンサータと同じ成分の薬に「リタリン」という薬がありましたが、
このリタリンは乱用する人が増えて問題になった過去があります。

色んな大人の事情が絡んでいるのですね。

スポンサーリンク

「コンサータ」の効用

注意力を高めたり、衝動的で落ち着かないなどの症状を改善する。

「コンサータ」の副作用

コンサータを服用すると80%以上がなんらかの副作用があるとデータが出ていました。
その主なものは次のとおりです。

  • うつ気味になる
  • 食欲がなくなる
  • 不眠症
  • 腹痛
  • チック
  • 発熱

このあたりが多いようですが、
その他にこんなものもあります。

その他の副作用

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 狭心症

怖いですね。

スポンサーリンク

まとめ

薬を服用する以上、なんらかの副作用はありますが
結局のところ個人差があるので
服用するかどうかは、お医者さんと相談しながらになります。

発達障害の子を持つ人のブログなどを見ていると、
集中力アップなどの効果はあるものの、
子供が落ち付きすぎて不安になる人、
食欲が落ちて心配する人が多いように思います。

子供のことを思うからこそ、
治療薬の服用も考えるわけですが、
副作用のこともしっかりと頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

オススメ記事

-子どもの発達障害, 注意欠陥/多動性障害(AD/HD)
-, ,

Copyright© 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.