発達障害との種類や症状から適職や子育て方法や勉強方法などをまとめました

発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

header_top_adsense

子どもの発達障害 子育て・勉強 発達障害

発達障害の子どもの能力を伸ばすなら勉強方法 も考えるべし

更新日:

発達障害の子どもの勉強方法

子どもの1日の大半は学校での勉強に費やされます。勉強が苦手だと、1日の大半が苦痛な時間になり、自信を失うきっかけになります。最も良いのは苦手を作らないことですが、算数障害など障害によってはそれが難しいこともあります。

そこで大事になるは「何か得意なことを見つける」ということです。発達障害がありながら偉業を成し遂げた人は、何か得意なことを見つけ、自分の道を突き進んだ人です。何か得意なことがあればそれを誇りとすることができます。親としてできることは、こどもの得意なことを見つけること。そしてその能力を伸ばしてあげることです。苦手なものを人並みにしようとしてもなかなか難しいですが、得意なことを伸ばすのは簡単です。

スポンサーリンク

子供の将来を見据えて考える

将来、独立して働くことになっても苦手なことを仕事にするのはオススメできません。

発達障害を自覚せず苦手なことを克服しようと頑張る人もいますが、どうやっても苦手なままで、悩みに悩んだ末に病気になったり、退職してしまうことがあります。最近は発達障害の存在が認知され、仕事がうまくいかずに調べると発達障害と診断されることが増えています。大人になってから発達障害であることを知って、適職に転職しようとしても経験がないために難しいことがあります。

親としてできることは、子供の将来を見据えて得意なことを伸ばしてあげることです。そしてそれが仕事にできるようにモチベーションを持たせるのです。では、得意なことを伸ばしてあげるための勉強方法はどんな方法でしょうか。まずは特徴を理解することです。そして、子供の能力を伸ばせる環境を用意してあげることです。

スポンサーリンク

例えば勉強方法であれば、

  • 塾・学校形式での勉強が良いのか
  • ドリルや問題集が良いのか
  • パソコンで勉強するのが良いのか
  • 家庭教師が良いのか

などがありますね。

子供の特徴によって、適した勉強方法を考えてあげましょう。子供は環境次第で能力の伸び方が全然違いますからね!少なくとも「発達障害だから何も無理」とは考えないように!

参考→発達障害の子の効果的勉強方法・教え方12個+オススメ教材は?
参考→
発達障害の子供に最適な学習ツールは?

 

-子どもの発達障害, 子育て・勉強, 発達障害
-, , ,

Copyright© 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども) , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.